社会福祉法人 旭川隣保会
旭川隣保会第二保育所

 
HOME 施設概要 保育内容 一日の流れ 年間行事 アクセス

社会福祉法人旭川隣保会

旭川隣保会第一こども園

旭川隣保会第二保育所

旭川隣保会第三保育所

旭川隣保会乳児保育所

旭川隣保会トキワの森

 





 「子どもの生命を育み 慈しみ 育てる」

    
~旭川隣保会は、先人が築き上げた 
    
       人間の尊厳を守るとしたことを礎に

         誰からも信頼され、利用したいと願う施設を目指す~







   異年齢の関わりや一年中外に出て遊ぶことから
     
      ①心も体も快適である「元気な子」
   
 
    ②興味を持ったことに集中して臨む「頑張る子」

    ③人の気持ちがわかり思いやりのある「やさしい子」 を育む







   
①一人ひとり
の個別記録を作成して日々の健康及び発達状態を把握し、基
    本的生活習慣や望ましい態度が身につくよう援助する。
    子どもの発達過程を理解し、それぞれの欲求を受け止めることで安心し
    て過ごし、自己発揮ができるようにする。
 
   
     
1歳から5歳までの子どもたちが一堂に会して遊ぶ中で、大きい子の真似
    や小さい子のお世話をする環境をつくり、子ども同士の育ち合いや人と
    の関わりを広げていく。
    季節の変化を五感で感じたり、驚いたり発見するなど様々なことに気付
    けるよう戸外遊びを充実させる。
    保育士が率先して色々な活動を行うとともに、一人ひとりの子どもの興
    味や関心を把握して対応し、友達との関わりや共感することの楽しさを
    知らせる。
  
   ③特別支援保育児は、保育士と個別の関わりを中心に行う中で安心して過ごせ
    るようにし、子どもの状態や対応については、全職員で話し合い発達支援
         を行う。また、基本的生活習慣の自立や遊びなどへの興味や関心が広がる
         ように、他の子ども達との関わりを大切にして見守り援助していく。