社会福祉法人 旭川隣保会
旭川隣保会第二こども園

 
HOME 施設概要 保育内容 一日の流れ 年間行事 アクセス

社会福祉法人旭川隣保会

旭川隣保会第一こども園

旭川隣保会第二こども園

旭川隣保会第三こども園

旭川隣保会乳児保育所

旭川隣保会トキワの森

 





 「子どもの生命を育み 慈しみ 育てる」

    
~旭川隣保会は、先人が築き上げた 
    
       人間の尊厳を守るとしたことを礎に

         誰からも信頼され、利用したいと願う施設を目指す~







 ・元気で健康的な体を育む
 ・人を慈しむ心を育てる
 ・興味や関心を育て豊かな感性を培う
  個の育ちが相互の育ちに大きく関わっていることを理解し、まずは一人ひと
  りの基本となる育ちを保障する。その上で、保育所という環境を活かしなが
  ら、子ども自身が育っていく力を引きだし、培っていく。




 (1)
  ・一人ひとりの個別記録を作成して、日々健康及び発達状態を把握する。基本的
   生活習慣の確立を目指し、望ましい態度が身に付くよう援助する。
  ・子どもの発達過程を理解し、それぞれの欲求を受け止めることで、自己発揮が
   出来るようにする。
  ・季節の変化を五感で感じたり、驚いたり、発見する等様々なことに気付けるよ
   う戸外遊びを充実させる。
 (2)
  ・人との関りを通して、人に対する愛情と信頼感、思いやりの心を育む。
  ・以上児クラスにおいては、互いに手伝ったり世話をしたりする異年齢で過ごす
   時間を作り、子ども同士の育ちあいを広げていく。(異年齢保育)
 (3)
  ・特別支援保育事業では、保育士と個別の関りを中心に安心して過ごせるように
   する。
   子どもの状態や対応については、全職員で話し合い発達支援を行う。また、基
   本的生活習慣の自立や遊び等への興味や関心が広がるように、他の子どもたち
   との関わりを大切にしながら見守り援助していく。活動への参加については
   個々や状況に合わせていく。
  ・保育士が率先して色々な活動を行うと共に、一人ひとりの子どもの興味や関心
   を把握して対応し、友だちとの関りや共感することの楽しさを知らせる。